ピルで健康的な身体に

ピルは排卵後の状態をつくるための薬です

ピルは妊娠を防ぐ避妊薬としてよく利用されているのですが、その仕組みを見るとピルには避妊以外のさまざまな効果が期待できると言えます。
ではそもそもピルはどういった仕組みを持っているのかというと、これはエストロゲンとプロゲステロン、二つの女性ホルモンを経口摂取するための薬だということになります。
これら二つは女性の体の中で盛んに分泌される女性ホルモンであり、生理の状態に合わせて分泌量が変化するという特徴があります。
ですがこれら二つが最も盛んに分泌されるのは妊娠中の体か、排卵後から生理開始までの間の体ということになります。
つまりピルは妊娠、もしくは排卵後の体を人工的に作り出す作用があるということになるのです。
さて、それではこの効果はどのように生かすことができるのかというと、最も大きいのは生理不順などで生理が来ないというような場合でしょう。
そうした場合にはストレスなどで体のホルモンバランスが著しく乱されてしまっていることが考えられます。
要するに生理が次のステップに移行するためのホルモンが不足しているために生理が発生しない、リズムが崩れるということになるのです。
ここでピルを使って人為的に排卵後の状況を作り出してやると、体は生理のリズムを掴み直し、生理不順などの症状を回復する効果が期待できるようになります。
またエストロゲンとプロゲステロンのバランスが崩れてしまったことによって不正出血などが発生しているという場合、ピルで一時的にホルモンの量を増やして強制的に子宮内膜の状況を立て直し、症状を回復させるということもできるでしょう。
そのため「ピルは避妊のためのもの」というイメージは間違いではありませんが、それだけではないということも正しいと言えるのです。
現実として、婦人科などを受診した際には治療の一環としてピルが処方されることもありますから、こうした効果があることは覚えておきましょう。