ピルで健康的な身体に

卵胞を成熟させるホルモンの分泌を抑えるピル

ピルは女性ホルモンの卵胞ホルモンと黄体ホルモンが脳下垂体に働きかけることで成熟させるホルモンの分泌を抑えるために服用するもので、ピルを正しく服用することで排卵を起こらなくすることができます。ホルモンの成熟を抑えるためには低用量ピルの場合には生理が始まってから21日間服用を継続する必要があるのですが、高用量や中用量の場合は服用方法が異なっているので、婦人科を受診して医師の指導に従うことが重要です。飲み方を間違えてしまったり、飲み忘れてしまうと成熟が進行してしまうので妊娠してしまうことがあります。ピルはほとんどの女性が服用できる薬なのですが、副作用があるので35歳以上で喫煙している女性や高血圧などの生活習慣病の女性などに関しては処方を受けられない場合もあります。一般的には副作用の少ない薬なのですが、血栓症が10万人に150人程度起きているので、このリスクを減らすために喫煙者などが除外されています。ピルを処方してもらうためには婦人科を受診する必要があるのですが、美容外科などを受診しても診察が可能な場合があります。ピルの副作用として吐き気や腹部の不快感があるので、その場合には美容のことを考慮してビタミンCなどの配合されたサプリメントを処方されることがあります。ビタミンCは皮膚や爪などを再生するときに必要になる栄養素なので、ビタミンCが不足してしまうと免疫力が低下してしまって病気になるリスクが高まってしまいます。ピルを安全に飲み続けるためには健康を維持することが重要なので、積極的に緑黄色野菜などを摂取して水分と栄養素を十分に補給する必要があります。特に夏の暑い時期には脱水症状が起きやすいので、血栓症予防のために十分な水分を摂取しなければなりません。