ピルで健康的な身体に

子宮内膜症の治療に使用するピルの名前

ピルは正式な名前は経口避妊薬といい、女性ホルモンと同じ作用をする成分を含んだ薬剤を摂取して排卵を抑制し避妊をするのを目的としていましたが、子宮内膜の増殖を抑制して出血量を軽くする作用もあるため子宮内膜症の予防や治療として処方されることもあります。
Oral Contraceptivesの頭文字をとってOCという名前で呼ばれることもあります。
子宮内膜症は子宮以外の場所で子宮内膜からの出血が起こるため強い痛みがあったり不妊の原因にもなり、進行性のためひどくなると手術が必要になります。
ピルにはホルモン成分の濃度によって低用量や中、高用量など種類がありホルモン量の多いものほど吐き気やめまいなどの副作用が起こる可能性が高くなり、低用量のものは飲み忘れると妊娠する可能性が高くなります。
子宮内膜症の治療に用いられるピルはかつては中用量のものを使用していましたが、現在では低用量のルナベルやヤーズ、マーベロン、オーソMといった名前のものが使用されており病巣を小さくして内膜症の進行を遅らせる働きがあります。
薬によって飲み方や副作用、保険の適用かどうかに違いがあり、自分の体質にあったものを選ぶ必要があるので飲んでみて体に合わないようであれば医師と相談して変更します。
副作用の少ない低用量のものであれば長期間にわたって服用することが可能で、他の治療法に比べて体に負担をかけずに子宮内膜をコントロールすることができ月経前困難症などの改善にも効果があります。
早い人であれば10代から子宮内膜症にかかることがあるため、ピルを飲むことで症状を抑えておき妊娠を希望するようになれば服用をやめるという方法をとることができます。