ピルで健康的な身体に

pmsの治療のピルは保険証が必要

ピルは避妊を目的として飲む場合には保険適用外となっており、薬の代金をすべて支払う必要があります。
保険適用外ですが薬局などで購入することはできず、必ず医師の処方箋が必要となります。
薬の代金はすべて自費になりますが診察や検査にかかる費用は保険が適用されることもあるので、診察時には保険証を持っていったほうが良いこともあります。
しかし病気の治療目的としてピルを使用する場合には保険の適用が認められいるため、診察を受ける際には保険証の提示が必要になります。
保険適用が認められている病気としては、月経の時に腹痛や吐き気などの消化器官の異常、イライラなど気分がすぐれないといった症状がでる月経困難症や生理前のイライラや便秘、頭痛といった症状がでるpms月経前症候群があげられます。
pmsは生理前のホルモンバランスの変化によって起こるとされており、人によっては仕事に支障がでたり日常生活に困難をきたすこともあります。
痛みには鎮痛剤、イライラには抗うつ剤や抗不安薬などと複数の薬を飲んで対処することもできますが、ピルを服用することによって人工的にホルモンバランスをコントロールすることでpmsの不快な症状をすべてを軽減することができます。
ピルは長期間にわたって飲むことが多くなるため、薬の代金も高額になってしまいますが保険証を使用することができれば負担が軽くなります。
ピルは人によっては体質に合わないことがあり吐き気などの副作用がでることもあるので、医師と相談して自分にあうものを処方してもらう必要がありますが、保険が適用される薬も限られています。
また妊娠を望んでいる場合には使用できないため、よく考えて飲むことが必要です。